menu

太陽光発電とは | 太陽光発電マガジン

太陽光発電とは

太陽光発電とは、どの程度の面積のパネルで、どれほどの電気を生産することができるのでしょうか。
また、どの様にして太陽光から電気が作られるのでしょうか。
太陽光発電とは、どの様なシステムなのかを見て行きましょう。

▼ 目次

太陽電池と発電について

まずは基本的な太陽電池と発電について紹介します。
太陽電池とは、一般的にイメージされる「電池」とは異なるものです。
電力を蓄積するものではなく、太陽光を電力に変えるための発電機をいいます。
太陽から地球に入る太陽光は、太陽電池にあたることで光電効果などと呼ばれている状態になるのです。
太陽電池を作っている半導体が作用します。

ソーラーパネルとは、太陽電池を繋げた商品を指します。
最小単位は「セル」と呼ばれ、セルを板状に繋げたパネルは「モジュール」や「パネル」と呼ばれているものです。
近年、家庭の屋根にソーラーパネルを設置するケースが増加しています。
さらに、効率的に沢山の電力を生産するため、広い敷地に多くのソーラーパネルを設置し、電力を生産する「メガソーラー」といった施設も増加しているのです。

太陽電池の発電量

一般的に、広い土地を利用した場合、2ヘクタールにつきソーラーパネルは1MW(1,000kW)の電力を生産する事ができるとされています。
しかし、太陽の光は1日中、365日降り注いでいるわけではありません。
夜間は当然、曇りや雨などもあるため、常に発電できるわけではないのです。
これらを踏まえると、太陽光発電では、1年のうち約13%は発電できると考えられています。

太陽光発電とは、その名の通り太陽の光がパネルにあたることで電力を生産するという方法です。
しかし、先にも挙げた通り、夜や曇り、雨の日は日発電できません。
そのため、日々同じ量の電力を供給することは難しく、安定しない部分がデメリットであるといえます。
安定しないことから、コストが高いというデメリットがあります。
太陽光発電システムは注目を集めています。
今後、安定した電力の供給が課題となるでしょう。